YOKOHAMA RESORT

中華街でランチを食べたあとに寄ってみて♪

エスカル横浜前に置かれた錨は1959年に建造された「麻里布丸」で使用されていたもの。総重量はなんと10.5トン!!
横浜観光でまず思い浮かぶのが中華街という方も多いのでは?
中華街でおいしいランチをお腹いっぱい食べた後には、横浜のイメージの1つでもある錨の前でみんなで写真を撮ってみて。

横浜中華街

横浜開港後、貿易商人たちの居留地として開発されたのがルーツです。1868年その一角に約1,000人の華僑が居住し、現在の中華街の原型ができあがりました。現在では、500件以上の店舗が立ち並ぶ、世界最大級のチャイナタウンに発展しました。関羽を祀る「関帝廟」、隣国や隣家と仲良くする「親仁善隣」という看板が掲げられた善隣門、2006年開廟した海の守護神を祀る「横濱媽祖廟」など、中華街の魅力は近年一層充実しています。

  • ショップ・スポット名
    横浜中華街
  • 住所
    神奈川県横浜市中区山下町

マップ

おすすめ記事

関連記事

  • 本場ブルターニュ地方のクレープを横浜で

  • 青い海と空!横浜を代表する観光名所・山下公園をぶらり!

  • マリーンシャトルに乗って、ゆったりと横浜港をクルージング

  • 潮風が心地よいテラス「BUND」で横浜港を臨みながらランチ